光脱毛で永久脱毛はできますか?

光脱毛で永久脱毛はできますか?

光脱毛で永久脱毛はできますか?

光脱毛とは?

ムダ毛に反応する特殊な光を用いて、特定の箇所の毛にダメージを与えて脱毛を試みる手法のこと。
フラッシュ脱毛と呼ばれることもあるが、意味や効果や手法は同じ。
なので、脱毛器を販売する会社やエステサロンの方針によって表現の仕方が分かれる。

 

光脱毛には具体的には2つの方式がある。こちらは現在の主流でもあります。

IPL脱毛

ムダ毛に含まれているメラニン色素というものに反応して、ピンポイントで強力な光を出力することにより毛根本体にダメージを与える。
繰り返して続けていれば、徐々にムダ毛の再生スピードが落ちてくる。

 

SSC脱毛

専用のジェルを使って光脱毛を行う際にダメージを最小限に抑えることができる。
IPL脱毛と違って、毛根に直接ダメージを与えるのではなくて、ジェルの上から光を当てて肌内部に影響を与える。

それぞれに長所と短所があるが、大して変わらないので割愛します。

 

永久脱毛の定義

私が知っている永久脱毛の定義、あるいはこれは永久脱毛だと謡うことができる条件はいくつかありますので、そちらを紹介します。

 

50年間の未再生

永久脱毛は施術をしてから50年間ほど対象の箇所からムダ毛が生えてこない場合を指します。
なので、最低でもその施術方法に50年間の歴史がないと厳密には永久脱毛と呼ぶことはできません。

 

再生率が2割以下

海外の電気脱毛協会で定められた永久脱毛の定義は、施術の2年後にムダ毛の再成立が20%以下であることを条件としています。

 

 

海外の方が日本の定義・条件よりもかなり緩いですが、
日本語的には両方とも永久な脱毛とは呼べませんね。

 

永久脱毛ができるのはクリニックだけ

最近は全く「永久脱毛」などと謡う脱毛器やエステサロンがなくなりました。
昔はそれこそ問題にもなっていたのですが、国が規制を入れたので改善されたみたいです。

 

そもそも、永久脱毛だと認められている「レーザー脱毛」「針脱毛」をしてもいいので医療機関だけなんですね。だから近所のエステでは永久脱毛をすることは不可能なんです。

 

どうしても二度と自分のムダ毛を生やしたくなかったら、専門の機関に行って医療用レーザー脱毛などを受けるしかありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ